賃貸契約を結ぶ際に気をつけておくべきこと

入居前に結ぶ賃貸契約

賃貸住宅を借りるときって、家主と直接接触することは稀ですよね。ほとんどの場合は、不動産会社が仲介します。で、入居が決まると、賃貸契約書というのを作成します。細かいことがたくさん書いてありますが、注意して見ておく必要のあるのが解約予告期間です。これは法律で、必ず定めておくことになっている項目で、借り手を保護するためのものです。ひと月であることが多いですが、その期間より前に引越すことを伝えれば、違約金なしに退去することができます。

解約予告期間を定める意義

引越したくなったらいつでも引っ越せるはずだ、住んでいた分だけ家賃を支払えばそれで事足りるはずだ、と思われがちかもしれません。が、例えば学生の多い物件などでは、3月に入居した人が5月に引越して行ったりしたら、次の年の3月まで、その部屋は埋まらない可能性がおおいにあります。家主としては、一年分の家賃を請求したい気分かもしれません。そういう条件を飲むひとだけ入居させる、なんてことにもなりかねません。それで法律で、それは3か月分が上限、と定めているわけです。

解約予告期間の決め方

解約予告期間まで退去の意志を家主に伝えたら、住んでいた分の家賃以外は請求しないという取り決めになっています。解約予告期間は法律で3か月以内と定められています。どんな人気物件でも、学生専門の物件でも上限は3か月です。3か月前に退去の意志を伝えないと、どんなに早く引越しても、3か月分の家賃は違約金として支払うことになります。解約予告期間は3か月以内の範囲で家主が決めます。賃貸契約書には、必ずその記載がありますので、確認して頭の隅に置いておきましょう。

江別市の賃貸に住んでいれば、一戸建てのようにローンの返済に追われるというプレッシャーもなく気楽に暮らせます。