賃貸契約にあたっての流れと注意すべきこと

部屋を借りる時は賃貸契約書が一番重要!

どんな契約でも、契約書が一番重要なことは想像にたやすいですよね。部屋を借りる時も同じです。賃貸契約書にサインをすると、契約書の内容に縛られます。契約書に書いてあることは守らなければいけませんし、書いていないことは守ってもらえるとは限りません。重要なことは口約束ではなく、契約書に記載してもらわなければいけません。例えば入居までに汚れている箇所の清掃を約束してもらったなら、必ず契約書に書いてもらうようにしましょう。

賃貸契約のルールは宅建業法で決められている

入居までの流れを簡単に見ておきましょう。まずは複数の物件の見学をし、入居したい物件が決まったら申し込みをします。入居審査を経て、いよいよ契約です。賃貸契約は不動産取引の一つですので、宅地建物取引業法、いわゆる宅建業法によって細かくルールが決められています。不動産会社はいわばプロ、借主は素人ですから、法律で借主を守っているわけですね。宅建業法では、契約の前に宅地建物取引主任者による、重要事項説明が義務付けられています。

書類は持ち帰って目を通しておくと安心

重要事項説明は、書類を口頭で説明される形で進められます。内容に納得した上で契約書にサインをする、という流れです。もちろん契約書の内容についても口頭で説明を受けます。しかし重要事項説明書や契約書は難解な言葉も多く、素人にはなかなか理解できません。その上早口で説明されるだけですので、理解できないままにサインをすることになります。これではリスクが大きすぎますね。そこで、契約前に重要事項説明書と賃貸契約書のコピーを持ち帰り、自宅で時間をかけて目を通すことをお勧めします。分からない部分には線を引いて、当日確認するようにしておくと安心ですよ。

森の賃貸は、様々なライフスタイルに合う物件が多数存在しており、豊富な物件の中から自由度の高い物件探しができます。